スタッフ紹介

在宅医療に携わるための知識、施術に必要な技術はもちろん、

その中でも、当院が一番大切にしている事は、

心をほぐすことができるようにといった、「寄り添い」の心。

関わらせていただく方が、その方らしい人生を送れるよう、

我々ができる最大限の支援をさせていただきます。

時間とともに進む人生、1分1秒を大切に、楽しく過ごせる

よう、当院が一丸となって関わらせていただきます。

11.png

佐々木 淳也

鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師・作業療法士

01

○○

○○

○○

22.png

02

11.png

○○

○○

○○

03

当院代表からのメッセージ

佐々木 淳也

鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師
作業療法士・福祉住環境コーディネーター2級

DSC_1376_edited_edited_edited.webp

はじめまして。

訪問鍼灸マッサージKOH代表の佐々木淳也と申します。

私は作業療法士として、リハビリテーション病院・訪問看護ステーションにおいて、10年以上リハビリテーションに従事してきました。在宅医療に携わる中で、目の前のご利用者様の生活を、その方らしく過ごせるようにとの思いで、最大限の支援を常々考えてまいりました。在宅は、点在した様々な事業所が、一人のご利用者様の生活を支えるといった現場ですので、連携を図ることが不可欠な場であると感じています。そんな中、同じご利用者様に携わっているにも関わらず、なぜ訪問リハビリと訪問鍼灸マッサージは密な連携が図れないのだろうと感じることが多くありました。鍼灸・マッサージ業界の事を知ることで、双方の職域を理解することができれば、連携の架け橋になることができるのではないかといったことが、鍼灸マッサージの専門学校入学への動機です。鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師の資格取得後、訪問看護ステーション勤務を経て、訪問鍼灸マッサージKOHを開業いたしました。そこで、訪問鍼灸マッサージ側から、訪問リハビリへの連携強化を図ることで、よりよいリハビリテーションへと繋げられるのではないかと思っております。そして、この相模原市という地域で、在宅(入居)生活を安心して送ることができ、その方らしい人生を送ることができる支援の一助になれればと思います。

~在宅医療への考え~

在宅という現場は、ご利用者様ご自身の自宅等、プライベートスペースに入り、更には身体に触れられる、一緒に様々な運動や動作を行うといった、非常に特異的なものであると思っております。そんな中、その特異的な環境だからこそ、その方らしさを垣間見ることや、さらには心の内を話してくださるといった事もあり、ご利用者様の「心の支え」、その方の人生への寄り添いができる現場であると感じています。